「アトリエがけ」の日々の風景を 金谷幸未・栗原亜也子・星きさらの3人がそれぞれに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by アトリエがけ
 
[スポンサー広告
おんなまつり2011.8.28
ご無沙汰してました栗原亜也子です。
夏もそろそろカウントダウンに入りましたね。うれしー!
私は暑さがきらいで秋が好きです。はやく秋風よ吹け。


久しぶりにアトリエがけへ参りました。暑さでアタマのねじが緩んでいるので、締めるための口実として
甘口のスプマンテを買ってがけの階段をトコトコ。
お昼には庭のたくましいバジルを採集し、アサリのバジリコスパゲティーを作って食べました。
微炭酸ワインの甘さにゆらゆら酔いながらのPC作業。

さて、このPC作業もいよいよ佳境で、今週末に栗原亜也子の映像作品を上映させていただく機会があります。
8人の女たちによるコンセプチュアル・ショー「Rose~ある女性の一生~」


ビジュアルアーティスト、ダンサー、ミュージシャンで創造する女性の生涯。生まれてから80年の生涯を閉じるまでを8人の女性アーティストがそれぞれ10年ずつを担当し、自由に表現します。最終章では8人全員がひとつになり走馬灯のような生命の輝きを描きます。

栗原亜也子は今回60代~70代の年代と走馬灯部分の映像を担当し、作品を舞台スクリーンに投影いたします。
豊かな経験をした60代の女性は、今までとはちがうあたらしい一歩を踏み出せる年齢だと私は考えます。バラの花にイメージを託し、ヴィデオと写真、手描きアニメーションをつなげた映像作品に仕上げました。晩夏の夜、ぜひご高覧ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

栗原亜也子

my-dm-rose new



--------------------------------------------------------------------------------

information
Rose ~ある女性の一生~
「薔薇のように美しく咲き、はかなく散るある女性の一生」

8名のアーティストがある架空の女性の人生を薔薇の一生になぞらえて紡ぐ、コンセプチュアル・シアター。

彼女がこの世に生を受けてからその命が尽きるまでの年月を
それぞれのアーティストが独自のスタイルで語っていきます。

ダンス、ビジュアルアート、音楽を通して、万華鏡のように描かれる彼女の人生とは?

あなたの中に生まれる新たな物語、感じてみませんか?



2011年8月27日(土曜日)
場所:関内ホール(小ホール)地図 神奈川県横浜市中区住吉町4-42-1 電話045-662-1221
時間:ドアオープン 18:30、 開演19:00(終演21:00予定)

出演者:

Kazumi-Nazihah
Eimy
三好 由貴
栗原 亜也子
韮澤 まり
Rhia
渡辺 美貴
俵 野枝

チケット:前売り 3,000円  当日 4,000円
前売り予約サイトはこちら
関内ホールチケットカウンター 045-662-8411

主催・企画:
Kazumi-Nazihaha
Eimy

イベントウェブサイト: http://www.k4.dion.ne.jp/~opq1974/rose/top.htm
問合せ先:
nazihah.u@gmail.com
スポンサーサイト
Posted by アトリエがけ
comment:0   trackback:0
[展示
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。