「アトリエがけ」の日々の風景を 金谷幸未・栗原亜也子・星きさらの3人がそれぞれに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by アトリエがけ
 
[スポンサー広告
さささ寒い
111118_1332~01

「がけブログ」ご無沙汰してました。でも生きてます栗原亜也子です。


おー寒いな、アトリエがけ。


先日は元「男子ズ」の健ちゃんを招いて七輪BBQをやりまして、その時も空気つめたいなと思ったけど、それからだんだんどんどん冷えてくる~。
また冬の暖房対策を練らなければ。外してあったガラス扉をはめて、窓にぷちぷち貼って。。


ひとつ制作のヤマが終わってホッとしています。でもここでボーっとしてるといかん。
モチベーションが高いうちに次の制作へ。
最近映像づいている私です。花とドローイングを組み合わせて写真を撮り、それをコマ撮りしています。
デジカメだとこういう作業が容易にできるからいいですね。(といっても地道な作業だけど)



ところで今週日曜日に映像作品を上映する機会があります。
東中野の「ろまらくだ」というスペースにてベリーダンスとのコラボレーションイベント開催です。

テーマは「恋」

・・・恋ってなんだっけ・・・


私は「時間の森」というタイトルの作品を上映、他には妖艶に踊るダンサーにオリジナル・ムービーを投影したり、オープニングタイトルも担当しています。

動いてる人に動く絵を重ねあわせるのってとても面白い。
動くことを生業としている人ってすごい。
(栗原は踊りませんのでどうかご安心を。)






「恋」~切なく、甘い、女の恋。~
2011年11月20日(日)
18:00開場  18:30- 20:00

イベント詳細はHPへ

会場:驢馬駱駝(ろまらくだ) 
    〒164-0003 東京都中野区東中野2-25-6 9F 電話03-3366-1310

出演:オリエンタルダンサー Luna(ルナ)、KIKI(キキ)、KazumiNazihah(カズミ・ナジーハ)
    映像 栗原亜也子
    音楽 Dj Yossy

チケット:前売り 3,000円 当日 3,500円


koi_flyer.jpg
スポンサーサイト
Posted by アトリエがけ
comment:0   trackback:0
[栗原亜也子
お休みつづきのアトリエがけ、自宅で作業中のクリハラ

先週水曜からずっと、アトリエに顔を出せていない。

栗原さんのこういう時はたいがい、「コドモカンケー」が理由です。


1歳児ミキが「溶連菌感染症」なる病気をどっかからもらってきて、のどの痛みと熱が続いている。
耳慣れないかたも多いと思うけど、これはどうやら昔の「猩紅熱」らしい。
「しょうこうねつ」―若草物語の三女ベスが、フンメルさんのところの赤ちゃんから感染し、生死をさまようというエピソードで覚えている方、そうとうマニアですね。
今は抗生物質が発明されたおかげで、薬さえきっちり飲めばちゃんと完治するそうだ。
熱があるため保育園にも預けられず、月曜からずっと自宅で子供の看病をしてる私。

ところがどうも昨日の夕方から私も調子が悪くなった。喉は痛いし、熱がある。ずっとだるくてしかたがない。
やっぱりうつったのか・・・と気が重くなる。この病気は大人にもうつるのである。
病は気から、というけどまさにそうで、うつったんだとわかった途端に私の脳裏には「ガラスの仮面」で北島マヤが演じたベスのお芝居シーンがよみがえる。
迫真の演技で瀕死のベスを演じるマヤ、その感覚をつかむために公園で大雨に打たれ高熱のまま舞台にのぞみ、そのことを知った「紫のバラのひと」がマヤに心をうごされる…
くだならい妄想と38℃の熱に浮かされ苦しい夜だった。

さて、今日医者に診てもらい検査をしたら結果はマイナス。
溶連菌じゃなくてただの夏カゼだったみたい、私。

あっという間に自分勝手な悲劇のヒロインにさようならして制作にいそしんでいる。
きっと昨日昼からビールを2杯飲んだからだるかったんだね~。

Posted by アトリエがけ
comment:0   trackback:0
[栗原亜也子
むさぼる実、そして花。
TS3U0029.jpg


5月26日(金)。
どんよりとした空の下、追浜駅から歩いてアトリエがけの階段を登る。

雑草や路傍の猫にあいさつしつつラストスパート、門をあけて眼の前に広がるはバラと木イチゴの見事な枝ぶり!

むさぼるように木イチゴを食いつくす私。
ありンコなどには負けていられぬものか、虫のいないのだけ確認したらあとは洗いもせず、器に盛りもせず、摘んだそばからお口にポイポイ。 あーうまかった!

Posted by アトリエがけ
comment:0   trackback:0
[栗原亜也子
Hope for Japan
週末に子供が熱を出し、アトリエにいかれない日がすこし続いた。

子供の熱なんてまあよくあることなのだけど、この時期自宅にじっとこもっていてもいいことはあまりない。
なんとなくテレビをつけて見てしまうから。

アトリエでの忙しさや、この春の陽気につつまれてふと忘れてしまっていた事実を突きつけられた。
原爆5~10キロ圏内にテレビカメラが入る。飼い主のいない牛舎で餓死する牛たちの様子が映されて、私の眼に焼き付いてしまう。
まだ全然終わってないことは知っているけれど油断してたら背後からサクッと刺された感じ。


被災地のために私になにができるか、なんて考えない。
普段の生活、制作のなかで意識を向けていれば自然とその行動が決まる。


「Hope for Japan」という義援金のチャリティーコンサートに誘われました。
私は映像のスライドショーを行うかたちで参加します。



Hope for Japan~ 被災地のための義援金チャリティーコンサート~

2011年5月12日(木) 18:30開場 19:00開演
場所:関内ホール(地下1階小ホール) JR関内駅orみなとみらい線馬車道駅より徒歩5分

入場料:3000円~ (上限なし。売上金から経費を差し引いた金額を義援金として寄付します)
チケット問い合わせ・予約:info@blueappleyokohama.com

ミュージシャン、ダンサー、パフォーマーなど多ジャンルのアーティストが集合したステージ。
栗原亜也子はオープニングムービーを担当。作品「Pictures」からチョイスした写真を音にのせて上映します。




0001ZN_convert_20110427110155.jpeg


自分の作品を見てもらいたいという私欲が義援金に化けてくれるのなら、わたしのすべきことは毎日きちんと制作に向き合うことなのだろう。

Posted by アトリエがけ
comment:0   trackback:0
[栗原亜也子
アトリエがけの窓から「DEMADO」へ今日も通信中
demado.jpg

今、京都にあるHRD FINE ARTとのプロジェクトが進行中です。
「H氏との対話」というタイトルの作品で、私とH氏(これはHRDファインアートのディレクターさんのイニシァル)がインターネットを通じてオセロゲームの対戦をし、それをわたしがアトリエの窓辺でスタンプによってペインティングをしているのです。
ゲームが終了すると完成、そして完成した作品はアトリエがけから京都のHRD FINE ARTオフィスへと運び込まれ、その出窓に展示されます。

京町屋の出窓をウィンドウ・ギャラリーに見立てた[DEMADO PROJECT VOL.3]というプロジェクトで、作品はあくまでも外から眺めるかたちになりますが、ネットを窓口にしたオセロのやりとりが私の手によってペイントされ、その作品を窓から窓へ転写していくようなイメージがして、私自身つくりながらとてもわくわくしています。


この制作の様子はDEMADO ART PROJECTのサイトで日々更新されています。
たまに見てみてくださいね。


私も制作日記つけてます→[ayako kurihara Mind games 2011]



ところで先月、名古屋~伊勢の旅をしてきました。
ギャラリーHAMで井手日出志氏の個展を拝見し、(とてもよかった!)その足で伊勢へ。

伊勢といえばわれらがカナヤユキミの故郷でありまして。


夜はその金谷さんのご母堂の御自宅に泊めていただきました。
金箔入りの日本酒などを御馳走になり、当然楽しい酒飲みもーど。
うちのあかんぼも一緒だったので話題は子育てのお話からだんだんユッキーの幼少時代にまでさかのぼり・・・
カナヤさんが愛用していた積木も特別拝観いたしました。
IMG_6628_convert_20110206152142.jpg
ユッキーのつみきとウチのミキ

この積木がカナヤ氏の創作活動の源流だそうです。(母上談)
なるほどなぜか納得です。



栗原亜也子

Posted by アトリエがけ
comment:0   trackback:0
[栗原亜也子
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。